ご縁に感謝!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

このご縁が、喜びを運んでくれた!

 

今日は、私が書いた “当て字漢字のお名前” が、海外の方のもとへ渡る ご縁 をお話ししたいと思います。

 

 

もくじ

・さんきゅう参道 2019

・Rick リックさんへ

・Jerry ジェリーさんへ

・ご縁

・金山さん

 

 

 

さんきゅう参道 2019

 

大宮氷川神社で毎年桜が咲く週末に行われる

「さんきゅう参道」祭りに

2019年3月31日 1日だけ出店しました。

 

プロフィールにも書きましたビジコンのファイナリストの方からの勧めもあり、生まれてはじめての出店でした。

 

お客様がボランティアでお店を手伝ってくれる

手伝っていただいたお礼にお金ではなく

何かお店独自の物を渡す

という応援のシステムがありました。

 

素人の私は

チラシ配りと声かけをお願いしました。

その時に手伝ってくださった金山さんとのご縁で

“当て字漢字のお名前”を海外の方に渡す という事が実現できました。

 

 

Rick リックさんへ
 

 

金山さんから リックさんへお渡しいただいた時の写真とリックさんのコメント、金山さんのコメントと共にFBに上げていただきました。

 

金山さんの投稿

漢字de書。で、おなじみの中川先生に、友人のリックの名前を漢字で書いていただきました。先生の書は高いエネルギーを持っています。2020年の東京オリンピックをひかえ、外国人の方もに日本文化、筆文字の美しさを伝えたい!

Nakagawa Atsuko

先生!いつもありがとうございます😊

 

Rickさんのコメント

I want to thank you and Nakagawa sensei for this nice gift. It will be a very special reminder of Japan for me 😊

 

 

2019年にお渡し出来たので、まだ東京オリンピック開催予定でした。

ほんとに 喜んでいただいた事がこんなに嬉しいのかと 改めて思いました。

 

リックさん

 

 

Jerry ジェリーさんへ

 

金山さんからご紹介していただいたもうひと方で

さいたま市を拠点に

絵本の読み聞かせをされている

Jerry Martin さん

 

Jerry さん

 

Jerryさんも 喜んでいただけて、ご自分のFBにも投稿してくださいました。

 

縁あって、今は英会話を習っています。

 

Jerryさんが、2020,7,20(月) 21:00~21:55 テレビ東京 

「ワタシが日本に住む理由」に出演されました❗️

  「風の谷のナウシカ」との出会いが、来日移住へ…  ほんとに彼の日本愛に日本人として頭が下がります

 

ご縁

 

ビジコンに出るまでは、普通の主婦でしたから、さんきゅう参道に出店した時も 勧めてくださった方以外は知り合いもいませんでした。金山さんとの偶然の出会いが この事業を進める原動力となりました。

 

現在、私が所属してます「つくりえ」さんをご紹介していただいたのも金山さんです。つくりえイベントに出させていただいたり、現在フランス・パリで行われている『埼玉フェア』にもつくりえメンバーとして出させていただいています。

 

「つくりえ」さんとの出会いがなければ、金山さんが紹介してくださらなければ、ありえない事です。

 

このご縁に 深く深く 感謝いたします。ありがとうございますハート

 

 

金山さん

 

 

金山さんは さいたま新都心で「サムライ整体院」を開業していらっしゃいます。

整体師としてのケアはもちろんのこと 健康なカラダ作りの発信にも精力的に取り組んでいらっしゃいます。

 

 

 

実際に “当て字漢字のお名前” を手にしていただいて喜んでいらっしゃる様子をみた時 ほんとに嬉しかったし、感動をおぼえました。

もっともっと 私の“書”が 皆様に喜んでいただけるように 日々努力いたします。

皆様とご縁がありますように・・・

 

フォローお待ちしております!

The following two tabs change content below.
漢字 de 書
あなただけにご提案する"当て字漢字のお名前”をさいたまの書家が書きます! 海外のご友人やお取引先へのお土産にお困りの方、パートナーが外国人で日本らしいプレゼントをお考えの方、手漉き和紙 墨 筆など 残しておきたい日本の文化を使って書家が書いた 世界に一つだけの贈物、大切な方の“当て字漢字のお名前”はいかがでしょうか。
漢字 de 書

最新記事 by 漢字 de 書 (全て見る)

コメントを残す

前の記事

細川紙 とは

次の記事

よくある質問